両親との喧嘩がきっかけで家を飛び出してみたものの、なかなか泊めてくれる男性は見つからずに本当に困っていました。私の両親はかなり厳しい人間だから、大学生でありながらアルバイトもさせてもらえませんでした。それなので家出した時の所持金は4千円しかなく、友達の家にもいられなくなった時には、まともにご飯も食べれないほどになっていました。こんなに豊かになった日本にいるのに、本当に飢え死にしてしまうんじゃないかと思う程、数日間は大変な思いをしていました。

 

だけど神待ちをして、行く宛のない私を家に泊めてくれる男性に出会って助かりました。寝る場所があるというのも嬉しかったし、何よりも雨の日に外で過ごさないですむというのが本当にうれしかった。私が家出した時はちょうど梅雨の時期だったから、びしょびしょになりながらさまよった事も何回かありました。それに私を泊めてくれたほとんどの男性が、温かい食事を食べさせてくれました。おいしいお店に連れて行ってくれた人もいれば、中には料理が得意な人がいて、家でごちそうを作ってくれたこともあります。宿泊費が浮いて、さらにおいしい食事にありつけるんですから、これほどありがたいことはありません。神待ちとはよく言ったもので、泊めてくれる男性はみんな本当に神様ですよ。

 

たぶん神待ちをしてるなんていったら引かれちゃうかもしれないけど、そんなに悪いものじゃないと思います。家出掲示板ていうのがあるくらいだから、みんな言わないだけで結構やってる子多いんじゃないのか?実際に泊めてくれる男性に出会ったら、みんな助かったって感じると思います。確かにやり方を間違えれば怖い思いもするけど、ちゃんと安全な方法でやれば、良い事ばっかりで驚きますよ。